クローバー Pet Clinic-那須塩原市黒磯の動物病院-

犬、猫、うさぎ、フェレットなどの小動物を診察する那須の動物病院です

ごあいさつ

朝の開院時間について

朝の開院時間についてです

駐車場は毎朝8時30分にチェーンが開きます。

患者様ご自身ではチェーンをはずさないようにお願いいたします。
(やむを得ない場合を除く)

病院内の受付は8時50分頃から開始します。

受付は駐車場にいらした順にさせていただきますので、ご協力お願いいたします。

ごあいさつ

はじめまして、クローバー Pet Clinic 獣医師の金子一成と申します。
この度は本院のホームページに来ていただき、ありがとうございます。

クローバー Pet Clinicは那須塩原市黒磯にある、犬、猫、ウサギ、フェレットなどの小動物を診察する動物病院です。飼い主様のペットであり、家族である動物たちの健康を、全力でサポートさせていただいております。

動物は人間と同じような病気(心臓病や癌)になったり、動物に特有な病気(フィラリア症)になったり、肥満などの生活習慣病が引き起こす病気(糖尿病や関節炎)になったり、様々な病気にかかります。

人間と同じようにペットも高齢化が進むにつれ、癌による死亡率が高くなっています。早期にどのような癌であるかを診断し、どのような治療が必要かを判断することが必要となります。

一方、動物に特有な病気であるフィラリア症も1度発症してしまうと致死率が高い病気です。しかしながら癌と異なるところは、「フィラリア症は予防ができる」という事です。しっかり検査を行い、安全に予防薬を飲めば、この病気になる事はまずあり得ません。

また肥満のワンちゃんが関節炎により足をひきずっていたとしても、生活習慣を正し適正な体重になるだけで、走りだしたりすることもめずらしくありません。

このように病気によって様々なアプローチの仕方があります。これらの事を飼い主様と良く話し合い、無理なく治療を進めていくのが本院の方針です。

すこし話はずれますが、動物も「痛み」を感じます。痛みは「不安」を生みます。
人間は手術後に痛みがある場合、「痛いから痛み止めをください」と言う事が出来ます。動物は話せないので、痛くてもうずくまり、じっと我慢するしかありません。非常に可哀想な状況です。
手術後もしっぽを振って退院してもらえるよう、本院は痛みについても真剣に取り組んでおります。

ぜひ、一度本院にお立ち寄りください!                                           


経歴
・北海道酪農学園大学獣医学部入学
・研究室は伴侶動物医療部門「麻酔科」に所属し、安全な全身麻酔や痛みのコントロールについて学ぶ
・卒後、北海道大学付属動物病院に勤務
・大学病院で内科、外科の研修医となり様々な病気と出会う
・2011年10月からクローバー Pet Clinic の院長となる                                        
クローバー Pet Clinic
〒325-0072
栃木県那須塩原市豊住町80-24

☎0287-63-9998

診察時間 午前 9:00~12:00
     午後 4:00~6:00(5:45受付終了)
     
休診日:毎週水曜日、日曜祝日午後  
Facebookもよろしくおねがいします!
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 2024年4月の休診
  • 2024年3月の休診
  • 2024年2月の休診日です
  • 2024年1月の休診日
  • 2023年12月の休診
  • 2023年11月の休診
  • ライブドアブログ